家に飾るのに最適なひな人形の人数とは

女の子が生まれると初節句で、ひな人形を購入する機会がある家庭が多いです。自分達で選べる場合は良いのですが、祖父母が選んで買ってくれる場合に、大きくて人形の人数も多いものを買ってくれるけれども置く場所がないといったケースがあります。 最近人気なのは、省スペースですが豪華な印象を与える5人飾りや飾り台が収納箱になる収納飾りです。棚や台の上に飾れるケース入り飾りなどもあり、サイズが豊富に選べるので、飾る場所とスペースに合ったものを選びましょう。離れているご両親と相談して選べるのが、カタログやネット通販や現金をお預かりして購入する方法です。最近は通販で購入するのが一般的になりましたので、人形選びのために何軒もの店を訪れるなど、わざわざ足を運んでもらう必要もありません。

飾るスペースにあったひな人形を選びましょう

大きな7段飾りは昔は一般的だったのですが、1年の限られた時期しかリビングに出さないお雛様は飾りやすく収納に便利なものが主流になりつつあります。間口は48センチから120センチまでのサイズがあり、飾るスペースからも選ぶことができるのです。みんなが集まるリビングに飾りたい方で、お飾りに華やかさを求めたい場合は、五人飾りで台を階段状に組み立てて飾り付けるタイプか収納五人飾りという、飾り台がそのまま収納箱になるものがお勧めです。シンプルさを求める方は、飾り台がそのまま収納箱になるタイプで、美しい親王飾りをシンプルに収納できます。ケース入りの物は、飾るのもしまうのも簡単で場所をとりません。ほこりなども気にならないのでお手入れが簡単です。是非ライフスタイルに合わせて選びましょう。

人形や衣装、道具を選ぶときには

サイズが決定しても、どのような基準でお人形を選べばいいか迷ってしまうことがあります。お雛様はお子様の健やかな健康を願うための象徴でもあり、長く飾るものですので気に入ったものを選ぶことが大切です。お人形の頭部はかしらとよばれ、古来より伝統の職人術を駆使して作られています。京風は宮廷文化から由来する上品で美しい顔で、関東風はだれからも愛される優しい表情の関東風の顔をしています。衣装は丸文様などが伝統的に使われていて、男雛とお揃いの衣装を選ぶことで調和と気品を感じることができます。ぼんぼりはLEDタイプが使われているものですと、通常の電球より明るく長持ちします。道具も細かなところまで職人の技術で作られていますので、是非比較検討し、気に入ったものを選んでみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加