日本の古くからの伝統を受け継ぐひな人形

ひな人形の伝統は古く、その起源は縄文時代の土偶や埴輪までさかのぼるとも言われます。人や精霊の形をあらわした土偶は子孫繁栄や宗教の象徴、そして精霊崇拝や豊かな実りを祈願する五穀豊穣などの信仰の対象だったと考えられています。土偶には女性をあらわしたものが多く、多産や安産を願う願かけの願いが込められていたと言われます。 奈良時代には紙で人形が作られるようになり、平安時代にはひな祭りのもととなる、伝統ある流し雛の行事が行われるようになります。3月の上巳の節句に人形で身体をなでて、病気や厄を祓う身代わりとして水に流したのです。また貴族の少女たちの間では雛遊びと呼ばれる、紙で作った人形と身の回りの道具を真似たおもちゃで遊ぶ、現代のままごとのような遊びも行われていたのです。

お祓いの意味が強かった伝統が女性のお祭りになるのは江戸時代

室町時代に入ると、上巳の節句といわれるひな祭りは、お餅や白酒を食べるお祓いの行事になっていきますが、人形を飾る女性のお祭りになるのは庶民文化が花開く江戸時代に入ってからです。川に流していた人形も、家に飾る飾り雛が作られるようになります。嘉永6年の江戸時代前期には京都御所で盛大にひな祭りが催されたことから江戸幕府の大奥でも行われるようになり、上流階級の女性から庶民へとひな祭りの習慣が広がっていくのです。 江戸時代中期にはひな祭りはますます盛んになり、江戸の街では各地で雛市が催され賑わいをみせます。人形やひな道具などの種類が増え、平安時代の宮廷を模した十二単の装束の「元禄雛」や「享保雛」など贅沢なものが作られるようになるのです。

時代の流れとともに変化してきたひな祭り

江戸時代前期には男雛と女雛のみの親王飾りのシンプルなものでしたが、末期には金箔が使われた豪勢な人形も作られるようになり、幕府に大型のひな飾りは規制されたほどなのです。ひな祭りの人形飾りが現在のような様式になったのは江戸時代後期から昭和にかけてなので、様式としての歴史は比較的新しいと言えるでしょう。ひな祭りの主役であるひな人形は、華やかな宮中の結婚式を模しています。 上段に並ぶのは天皇と皇后、おふたりのような幸せな結婚ができるようにという願いも込められています。古くからの伝統をもつひな人形ですが、ひな祭りのお祓いの意味は時代の流れとともに薄れてゆき人形を飾り女の子のが可愛く着飾って楽しく遊ぶお祭りとして現代に受け継がれています。ひな飾りは昭和中期には豪華な7壇飾りが流行しましたが、住宅事情に合わせて若い世代を中心に昨今は、可愛らしいコンパクトなタイプが喜ばれています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加